製薬業界の転職事情

転職を考えている人の中で、製薬業界で働きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

製薬会社へ転職を考えている人は、以前どのような仕事に就いていたのか気になりますね。

製薬会社でルート営業や事務の仕事であれば、営業職や事務経験があれば良いでしょうが、専門的な仕事となると、専門知識が必要となります。

製薬会社に転職してくる人の中には、病院で臨床医として働いていたという人がいます。

病院での勤務は過酷ですし、年齢を重ねてくるときつくなってくるようで、製薬会社でメディカルドクターとして働きたいと転職してくるのです。

メディカルドクターとは、製薬会社で新薬の開発などを行う仕事で、治験のデータを集めて解析したり、その責任者として働くようです。

医師だったんだからすぐに採用してもらえるんじゃないの?と思われますが、実はそうでもないようです。

医師といっても万能ではありません。

適性もありますし、専門領域もそれぞれなので必ず採用されるというわけではないそうです。

外資系の製薬会社なら語学力も必要ですし、医師の資格だけでは通用しないのです。

今は、インターネットの転職サイトで製薬会社に絞り込んで検索することができますし、求人情報誌片手に電話をするとか、ハローワークに通う、という手間は省けます。

医師の転職サイトもあるので、医師で転職を考えている人は利用してみると良いでしょう。

製薬会社専門の転職サイトもあるので、どうしても製薬会社に行きたい!というならこういったサイトで探してみましょう。

製薬業界の転職事情通サイトなども利用するとわかりやすいですね。